アンティーク時計・USEDウォッチの販売・買取の店“ケイアイウォッチ”

Aug/2017 Back <<< 
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
 >>> Next
文字盤の足
ほとんどの時計の文字盤には、機械と文字盤を留めるための足が2本付いています。


右は2本付いた正常な状態、左は取れた状態(2本取り付ける必要があります)










φ1mmあるかないかくらいの細いものです。


中古やアンティークで仕入れた時計の中には、この足が折れていることがあります。


数十年前のアンティークに限らず、ここ数年の時計でも折れていることがあります。


ひどいものは、過去の修理の際だと思いますが、文字盤と機械が両面テープで留められているものもあります・・ひどいですね


文字盤の足がひとつ折れている状態でも一時的に固定することはできますが、


使っているうちにあとひとつの足に負担がかかって、結局両方とも折れてしまうケースが多いです。


そのうち文字盤がグラグラしたり、回ったりするでしょうから、遅かれ早かれ修理が必要になります。


弊社のホームページで販売させていただく時計をメンテナンスする際、


もし足がなかったり折れていたりすれば、必ず専門の修理会社さんで取り付けていただき正常な状態で販売させていただいております。


このような状態の時計にお気をつけくださいと申したいところですが、


文字盤がぐらついていなければ、外観からはわからない、分解してみないとわからないことですので、気を付けようがありませんね・・


足が折れた文字盤が付いていたり、両面テープで留められていたらいやだなぁと思われるのであれば、


やはり信頼できる時計専門店で、メンテナンス済みのものを購入されるのが一番安心な購入手段かと思います。
メンテナンスについて : comments (0) : trackback (x)
ケース研磨による弊害
先日、テクノスイスの山田さんが書かれた、研磨に関する記事を紹介致しましたが、


なるべく研磨をしない方が良いと考える理由のひとつを、具体的な例を挙げて説明させていただきます。


あくまでも極たまに軽く研磨する程度は良いと思います。


少しでもきれいになると嬉しくて気分もいいですし、見栄えも良いですし・・


ただし、研磨しすぎると例えばこうなります。


***どちらも同じシリーズの、同年代の時計です***


【削りすぎた状態】



【正常な状態】



2枚の画像のラグ穴周りを見比べてみると一目了然、


1枚目の画像は、ラグ穴周りのケースがほとんど削られており、穴ギリギリまできています。


ほんの1mmあるかないか程度の違いですが、とても大きな違いです。


当分は大丈夫でしょうが、このまま使っているとラグ穴が表に出てしまい、


バネ棒が留まらなくなり、基本的に使えなくなる可能性があります。


文字盤はリダンしたり、風防やリュウズは今のところ在庫があり、高い確率で純正品に交換することができますが、


ケース修復は不可能、こちらも交換するしかありませんが在庫がない可能性も高く、できたとしても非常に高額な場合が多いです。


このような研磨は、お客様ご自身やどこの時計店でもでできるものではなく、


専門の技術と設備を持った業者さんでしかできませんので、そのような業者さんがここまで削られたということです・・


とにかくキズをとって欲しいとの依頼があったのでしょうが、ここまでくると磨きすぎです。


しかしながら、ここまで確認して購入されることは難しいでしょうから、


USEDやアンティークの時計を購入される場合は、お客様が信頼できるお店で購入される、


また、研磨依頼される際も信頼できるお店に依頼されるのが一番良いと思います。


*もちろん、当店のサイトでは、このような状態の時計は販売しておりませんので、ご安心ください*
メンテナンスについて : comments (0) : trackback (x)
時計の研磨について
定期購読している業界新聞に、先日お邪魔させていただいた“テクノスイス”社長・山田さんの連載記事があり、毎回楽しみに読んでいます。


今回、時計の研磨について書かれた記事が、お客様の中古時計選びや、修理をだされるときの参考になればと思い、こちらで紹介させていただきました。


*この新聞の発行元と山田さんの許可を得て掲載しております。


ご快諾いただきありがとうございました!




*この↓画像をクリック、開かれたページの画像を更にクリックすると拡大されます。




当店も、山田さんが書かれているとおり、研磨はなるべくせずに、するにしても最低限、


研磨しすぎてやせてしまっているキズひとつないケース・ブレスより、


多少キズがあってもオリジナルに近いほうが良いと考えます。


もちろん、入荷する前に既に研磨されているものもありますが、再研磨することはなるべく避けます。


そのことは、オープンしたときから弊社サイトの一番下の部分・左端に記載しています。


■オリジナル性を極力損なわないよう、大きなキズがない場合、ほとんどの時計は洗浄と艶だしのみ、研磨は行わずにおだししております。


当店では、研磨はしないにしても、どれも洗浄・必要であれば出来る限りサビとりは行っていますので、ご安心ください。


また、研磨依頼をする際は、できるだけ最低限やっていただくようお願いしています。


---------------------------------------------------------------------------------------


山田さんは、いろんな方からのご意見をお聞きになりたいそうです。


反対意見も大歓迎だそうです。


お客様はどう思われますか?


よろしければ、こちらのコメント欄もしくは、弊社宛にメールしていただき、


この記事に対するご意見・ご感想をいただければ、幸いです。


いただいた内容を当店から山田さんへ伝えさせていただきます。


mail@ki-watch.com
メンテナンスについて : comments (0) : trackback (x)
引越し
個人的なことですが、最近住居を引越しました。


エアコンの取り外し取り付けのため、専門業者さんに来ていただいたのですが、


作業中に、ガスを通すホースが折れ曲がっていることが判明しました。


初めに付けた業者さんが曲げてしまい、そのままカバーをかぶせてごまかしてある状態でした


安いエアコンを買ったお店で、無料で取り付けてもらったことを話すと、


そういうところは、バイトの方がくることが多く、こういうことがかなりある、つい先日も・・とのことでした。


確かに、安いエアコンを買って、取り付け工賃まで無料だったら、そういうところのコストを削ることになるでしょうから、仕方がないことかもしれません


確かに、暖房をつけてもなかなか暖かい空気がでてこない・・と思っていました。


このパイプが原因でした。


買ったお店に連絡し修理(パイプの溶接)してもらいました。


やりとりしているうちに、時計にも当てはまるな・・と、


失礼ながら今お預かりしているある修理ご依頼時計を思い出しました。


(おそらく)個人売買で購入された時計ですが、部品の別作をしなくてはならない状態でご依頼いただきました。


中身の見えないものや、機械に関することは特に、それに関して判断ができるよう知識を身につけるか、


料金が高くついても信頼のおける専門業者さんにお願いすべきだな、と強く感じた出来事でした。
メンテナンスについて : comments (x) : trackback (x)
オメガの風防
現行のオメガの時計でプラスチックの風防を使っているものは、スピードマスターくらいになってしまいましたが、30年ほど前のヴィンテージのモデルはほとんどがプラスチックでした。


オメガのプラ風防の中心を良く見ると、オメガのΩマークが刻印されています。






実はこのマークですが、新品での販売時にはすべてが正しく読める方向に向いている訳ではありません。


と言うよりもむしろ正しい方向になっている方がめずらしいと思います。



日本製の時計でしたらきちんとした方向に向いているのでしょうが、このあたりはスイス人のおおらかな性格が出ているのでしょう。笑


ところが、当店販売分のオメガの時計のマークはほとんどきちんと読める方向になっています。


なっていると言うよりもそのように取り付け直してあります。



当店では時計のメンテナンス時のケース(時計の本体)・ブレスレット洗浄の際、出来る限り分解してから洗浄するようにしています。







本当はマークの方向を動かす為にはずしている訳ではなく、細かい所まできれいにしたり、劣化などが無いかを点検する為に行っている事なのですが・・


嬉しい誤算と申しますか、このようにマークを正しい方向に向けてから販売させていただいております。


当店のちょっとしたこだわりです。


今後も、変った構造の時計を中心に、このような普段はお目にかかる事が少ないであろう分解時の画像なども紹介出来ればと思っています。
メンテナンスについて : comments (x) : trackback (x)
キングセイコー 44-9990 セカンド買取ました。
名無しのリーク>7/10
エドワードホイヤー 限定モデル 買取致しました。
ケイアイウォッチ>1/08
無頼突>1/08
国産時計入荷60本
cheap jerseys>9/03
時計職人アクティビティ by キッザニア
KI-watch>7/23
横 250 pixel 縦 150 pixelです。(ブログの初期設定で設定してください)
横 440 pixelを超えると、表示がくずれる場合があります。